ジョニー社長のブログ

春のおとずれ

2016.03.29 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | ,

現場3階のバルコニーから雪解け間近の田んぼを見下ろしつつ、遠くの山々や心地よい日差しからも春の訪れを感じるようになってきました。

 

もうすぐ4月、新入社員が入ってくる季節

今年はどんな若者たちと出会えるのか楽しみです。

 

ここ数年は、いわゆる「ゆとり世代」で育った子供たちが社会人として羽ばたいています。

多くの諸先輩方からは、彼らにゆとりがありすぎる旨の話をよく聞きますが…

 

そこで考えたいのは、若者の建設業界離れについてです。

なぜ離れてしまうのか、なぜ成り手が少ないのか、様々な要因があると思います。

 

そのなかで、若い人たちが興味を持って、良いイメージで、やりがいを見出せるような建設業の環境を作り、将来を担ってくれる若者たちに対し、業界全体が、彼らよりもっと大きな「ゆとり」を持って接することが大切ではないでしょうか。

 

雪解けまぢか

雪解けまぢか

 

各カテゴリーを日替わりでお届け!

2016.03.29 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士

各カテゴリー(土木施工管理技士建築施工管理技士コンクリート主任技士)ごとのトピックスや試験の要点や対策などなど…を、日替わりで掲載していきます。

 

予定表はコレ 

土木施工

管理技士

建築施工

管理技士 

コンクリート

主任技士

土木施工

理技士

建築施工

管理技士

コンクリート

主任技士

休工

 

軽量鉄骨壁下地

2016.03.29 | 建築施工管理技士 | ,

軽量鉄骨下地におけるスタッドは、スタッドの天端と上部ランナーの上端の隙間が10㎜以内となるように切断する。スペーサーは各スタッドの端部を押え、間隔600㎜程度に留め付ける。

また、ランナーは端部を押え、間隔は900㎜程度で固定する。振れ止めは床面から1,200㎜程度の間隔でスタッドに引き通し、スペーサーで固定する。

 

トンネルの観察・計測

2016.03.14 | 土木施工管理技士 | ,

都市部山岳工法のトンネルの観察・計測において、地表面の沈下や近接構造物の挙動把握のための変位計測では、切羽通過前の変位を把握することが、採取変位の予測や適用した支保工及び補助工法の対策効果を確認するうえで重要である。

 

コンクリートの運搬・圧送

2016.03.12 | コンクリート主任技士 | ,

硬練りコンクリートをダンプトラックで運搬する際も、一般のコンクリートと同じ規定が適用される。トラックアジテータから排出時はコンクリートの1/4及び3/4のところから試料を採取して、両者のスランプの差が3㎝以内となる能力を持つように規定されている。また、コンクリートポンプのスクイーズ式は吐出量の調製は容易だが、ピストン式に比べ圧送能力は低下する。

 

工程管理

2016.03.11 | 建築施工管理技士 |

工程管理の順序は、①工程表によって進捗の現状を把握する→②工程会議などで遅れの原因がどこにあるか調査する→③遅れている作業の工程表の検討やネットワーク工程表によって余裕時間を再検討する→④作業員の増員、施工方法の改善等の遅延対策を立てる