ジョニー社長のブログ

雅CivilArchiは プランの【Girl’s Project】 を支援しています。

2016.04.29 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | ,

 

プランBecause I am a Girlは、国際NGOプランが
日本をはじめ世界的に展開しているグローバルキャンペーンです。

プランはBecause I am a Girlキャンペーンを通じて、
女の子たちが「生きていく力」を身に付けることを目指しています。

その活動の一環が【Girl’s Project】です。

 

https://www.plan-japan.org/girl/index.html

 

盛土の施工

2016.04.28 | 土木施工管理技士

盛土は均一な品質が求められるが、基礎地盤に極端な凹凸があると、施工性が悪く締固め不足などの不具合が生じやすい。盛土高さの高低に関わらず、段差処理を行わなければならない。また、基礎地盤の勾配が1:4程度より急な場合には、盛土との密着を確実にするために段切りを行うとともに、敷均し厚を管理して十分な締固めを行うことが重要である。

 

最上川の舟下り

2016.04.27 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | , , ,

 

山形県戸沢村、最上川舟下りに乗船してきました

 

松尾芭蕉が奥の細道の途中、最上川を下ったときに詠まれた

 

「五月雨をあつめて早し最上川」

 

はとても有名な句ですね♪

 

DSC_0159

国道47号線沿いにある船番所

 

DSC_0160

乗船券売り場が入る趣のある建物

 

 

一日7便出ており、片道1時間

しかしノープランで来ちゃったため10時に到着してしまった…

なんと出港まで50分待ち(悲)

 

そう広くもない売店で時間をつぶすも10分ともたず外に出ると

そこには、桜、風、虫、もちろん最上川などの自然と気候が心地よく絡み合っていて

それらを全身で感じ取り、ほんわか瞑想していたら

すぐに乗船時間となりました(嬉)

 

時刻表

 

 

DSC_0163

始発の船着場 古口港

 

40名ほどの定員と思われる船内には、いつの間にかほぼ満員状態となり

舟下りの人気の高さを知りました

 

DSC_0168

船内から望む右岸の桜並木

 

DSC_0172

途中休憩で立ち寄る、最上川が誇る水上コンビニ?

 

DSC_0174

水上コンビニの裏山に登る

 

DSC_0176

船頭さんの舟唄

 

DSC_0179

コントラスト豊かな今時期の斜面と山肌

 

DSC_0185

風情のある景色

 

DSC_0186

上り船とすれ違い

 

DSC_0188

白糸の瀧

 

DSC_0191

水面から見る壮大な山の景色

 

DSC_0194

終着の草薙港

 

DSC_0196

国道47号線沿いの草薙駅

 

 

最上川舟下りは、目線と水面がほど近く

川や山との一体感を満喫できました!

 

ゆっくりのーんびりと時間が過ぎる、まるで芭蕉の時代にタイムスリップしたような

不思議なひと時でした(瞑)

 

 

ぜひ舟下りを体験したいという方は、最上峡芭蕉ライン観光HP

URLはこちら☟

http://www.blf.co.jp/

 

 

ご清覧ありがとうございました

「合格はすぐ目の前にある、なすべきことを成す!」

 

工程管理

2016.04.25 | 土木施工管理技士 | , ,

工程管理曲線(バナナ曲線)を用いた工程管理に関して、

予定工程曲線が許容限界内に入っているときは、S字曲線の中央部分をできるだけ緩やかな勾配になるように初期及び終期の工程を調整する。

また、施工程曲線がバナナ曲線の上方限界を超えたときは、工程が進みすぎているので、必要以上に大型機械を入れているなど、不経済となっていないか検討する。

工程曲線が許容限界から外れる場合は、一般に不合理な工程計画と考えられるので、横線式工程表の主工事の位置を変更し許容限界内に入るように調整する。

実施工程曲線がバナナ曲線の下方限界を下回るときは、どうしても工程が遅れることになり、突貫工事が不可避となるので施工管理を根本的に再検討する。

 

2016.04.19 | 建築施工管理技士 |

音に関して、フラッターエコーとは、平行した反射面間で反射音が何度も繰り返して聞こえる現象である。吸音性が高いとフラッターエコーは生じにくい。

 

港則法

2016.04.18 | 土木施工管理技士 |

港則法では、特定港内において、雑種船以外の船舶を修繕し、又はけい船しようとする者、その他、入港又は出港しようとする者は、その旨を港長に届けなければならない

特定港内又は特定港の境界付近で工事または作業をしようとする者は、港長の許可を受けなければならない

 

鶴岡にてサイクリングと花見を ぶらり電車の旅 episode2

2016.04.16 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | , , , ,

 

新庄からのぶらり旅 鶴岡の桜を求めて余目駅で乗り換え待ち

そして…

 

DSC_0031

余目駅から望む

 

余目駅に乗り換えの電車がやってきました

 

 

DSC_0042

余目駅に電車到着

 

鶴岡駅まで15分程度 その間で風情のある風景を目に焼き付けました

 

 

DSC_0029

車窓から見る1分咲きの桜と風力発電の風車

 

庄内平野です まるで北海道のような風景ですね

 

 

DSC_0030

庄内平野

 

そんなこんなで鶴岡駅到着

 

 

DSC_0072

DSC_0072

 

駅に観光案内所があり、そこでは無料で自転車を貸しだすサービスがありました

鶴岡公園まで自転車で15分程度とのことで、天気も良いしサイクリングを楽しむことにしました♪

 

 

DSC_0043

鶴岡市観光案内所のレンタルサイクル

 

久しぶりの自転車は快適で心地いい

 

 

鶴岡自転車

レンタルサイクルに乗るわたし

 

鶴岡は城下町で、鶴岡公園は城跡なのです

 

 

DSC_0045

城下町鶴岡

 

この橋を渡れば鶴岡公園は間近

 

 

DSC_0044

公園までの最後の橋

 

着きました! 露店がビッシリ

 

 

DSC_0054

鶴岡公園

 

DSC_0063

ビッシリ並んだ露店

 

鶴ケ岡城あ跡の名残で、公園はぐるりお堀に囲まれております。

 

 

DSC_0057

鶴岡公園のお堀

 

鶴岡公園内に建立された大賓館があります

 

 

DSC_0056

大賓館

 

しかしまだ、桜の花は5.2分咲き…

少し迫力に欠けますが、十分美しい花見を満喫できました

 

 

DSC_0055

5.2分咲きの桜

 

DSC_0060

お堀の両脇に並ぶ桜

 

DSC_0061

公園内の桜

 

そして、いよいよ食事のとき! 外で食べようと思ったのですが

眺めの良いテントの中でジョッキ片手に庄内弁をいただきます

 

 

DSC_0065

テントの中の食堂

 

朝からほとんどお腹に入れてなかったんで、待ちに待ったお食事

 

レアなめじかの高級感が口の中に広がり、だだ茶豆の甘い風味が鼻に抜け

庄内米つや姫のうまみが絶妙にすべてを包み込む

上品でいて深い味わいに感動しました

 

午後2時の至福の時です(嬉)

 

 

DSC_0066

中はこんな感じです

 

サイクリングから始まり、花見、庄内弁へと

今日は5感をフル活用のすごく楽しい一日でした

 

また新庄に戻ります 今度は新庄の桜を紹介できればと思っています。

 

 

DSC_0076

鶴岡駅からの下列車

 

 

ご清覧ありがとうございました

 

「合格はすぐ目の前にある、なすべきことを成す!」

 

労働安全衛生法

2016.04.14 | 土木施工管理技士 | ,

労働安全衛生法令上、高さが5m以上のコンクリート造の工作物の解体作業における危険を防止するために、事業者が行わなければならない事項は、強風、大雨、大雪等の悪天候のため、作業の実施について危険が予想されるときは、当該作業を中止しなければならない

 

鶴岡にてサイクリングと花見を ぶらり電車の旅 episode1

2016.04.14 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | , , ,

東北の山形県にもいよいよ桜前線が到来!

数ヶ月のあいだ新庄に暮らすことになった私は、庄内地方の桜の名所である鶴岡公園へ行くことにしました。

 

山形新幹線終着駅の新庄、せっかくなので、たまには車でなく、ぶらり電車の旅を選択

でも今日はこっちではなく

DSC_0015

山形新幹線終点の新庄駅

 

 

 

2両編成のこちらの電車です(^-^)

DSC_0016

新庄発酒田生きの各駅停車

 

新庄駅を出てすぐに自然の景色が広がります。

この辺一帯は、なんと川が多いことか。

DSC_0018

最上川

 

おっと、途中、大規模な橋梁工事を発見!

やっぱ建設現場ってカッコいいですねー

DSC_0019

橋梁工事現場

 

最上峡の舟下りや、最上川へそそぐ白糸の滝を横目に見ながら

電車は最上川に沿って走っていきます。

DSC_0025

白糸の滝

 

乗換駅の余目駅到着!

DSC_0037

余目駅(あまるめ駅と読みます)

 

24分の待ち時間、余目駅の斜め向かいにあるこぎれいな売店へ。

庄内地方のざまざまな旨いもんが、ところ狭しと並んでおりました 。

DSC_0032

余目駅付近の売店

 

花見用に弁当を購入!

庄内弁という、だだ茶豆ご飯を、めじかのアミエビ魚醤漬けで巻いた「めっこい巻」

この弁当は東京ビッグサイトで開催された、「惣菜・弁当グランプリ2016」で優秀賞を獲得したらしいです

花見をしながら食べる楽しみ3倍増になりました。

DSC_0033

庄内弁

 

そして、なぜか川カニが!

ゆでて食べると美味しいとのこと、ちっちゃい川ガニのイメージで蓋を開けたら結構でかい(笑)

DSC_0035

最上川で捕れた川かに

 

 

次回、余目駅で乗り換えて、鶴岡の桜をご紹介します。

 

 

ご清覧ありがとうございました

「合格はすぐ目の前にある、なすべきことを成す!」

品質管理

2016.04.12 | 建築施工管理技士 | ,

JIS Q 9000(品質マネジメントシステム-基本及び用語)の用語の定義として

レビューとは、設定された目標を達成するための検討対象の適切性妥当性及び有効性判定するために行われる活動である。

トレーサビリティーとは、考慮の対象となっているものの履歴適用または所在を追跡できることである。