ブログ・お知らせ

工程管理

2016.04.25 | 土木施工管理技士 | , ,

工程管理曲線(バナナ曲線)を用いた工程管理に関して、

予定工程曲線が許容限界内に入っているときは、S字曲線の中央部分をできるだけ緩やかな勾配になるように初期及び終期の工程を調整する。

また、施工程曲線がバナナ曲線の上方限界を超えたときは、工程が進みすぎているので、必要以上に大型機械を入れているなど、不経済となっていないか検討する。

工程曲線が許容限界から外れる場合は、一般に不合理な工程計画と考えられるので、横線式工程表の主工事の位置を変更し許容限界内に入るように調整する。

実施工程曲線がバナナ曲線の下方限界を下回るときは、どうしても工程が遅れることになり、突貫工事が不可避となるので施工管理を根本的に再検討する。