ジョニー社長のブログ

施工体制台帳

2016.04.11 | 土木施工管理技士 | ,

施工体制台帳は、特定建設業者が発注者から直接請け負った建設工事のうち、下請負契約の総額が3,000万円(建築一式工事にあたっては4,500万円)以上のものについて作成を行わなければならない。また、発注者から請求があったときは、備え置かれた施工体制台帳を、その発注者の閲覧に供しなければならない。

下請負人は、自らが他の建設用者から請け負った建設工事を別の建設業者に請け負わせるときは、再下請通知を元請けである特定建設業者に行わなければならない。

 

セメントクリンカーの組成化合物

2016.04.06 | コンクリート主任技士 | , ,

セメントクリンカーの組成化合物が、セメントの水和反応および硬化体の特性に及ぼす影響。

名  称 記 号 特   性
水和反応速度 強  度 水和熱 収縮 化 学 抵抗性
ケイ酸三カルシウム C3S 比較的早い 28日以内の早期
ケイ酸二カルシウム C2S 遅い 28日以後の長期
アルミン酸三

カルシウム

C3A 非常に早い 1日以内の早期
鉄アルミン酸四

カルシウム

C4AF かなり早い 強度にほとんど 寄与しない

 

慈眼寺の護摩祈祷

2016.04.06 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士, コンクリート主任技士 | , , , ,

 

宮城県仙台市の秋保温泉にほど近く、鷹の巣山の麓に位置する「慈眼寺(じげんじ)」に行ってきました。

DSC_0168

山のふもとの慈眼寺

 

なんと!慈眼寺は、吉野山金峰山寺において、1300年の歴史上2人目となる大峯千日回峰行を満行した、塩沼亮潤大阿闍利住職が建立したお寺です。

 

DSC_0182

慈眼寺正門

 

大峯千日回峰行とは、往復48㎞、高低差1,300m以上の山道を16時間かけて1日で往復。9年の歳月をかけて48,000㎞を歩くという、最上級の荒行なのです。

 

 

DSC_0175

慈眼寺境内

 

DSC_0170

慈眼寺の朱印

 

慈眼寺では、毎月第1・第3日曜日の午後1時から住職による護摩祈祷と法話があります。

今回はそれが目的でやってきました。

 

DSC_0176

護摩祈祷へ向かう参拝者の列

 

初めて見る護摩祈祷は圧巻でした!

心も体も何もかも浄化されるような感覚を全身で感じました。

 

祈願の中身はもちろん、受講者の皆様の「合格祈願」

塩沼亮潤大阿闍梨住職護摩祈祷なら成就すること間違いないでしょう!

 

護摩祈祷は撮影禁止のため、インターネットより関連写真を抜粋させていただきました

 

最後に、恐れ多くも一緒に写真を撮っていただきました。

一生の宝物にします。

 

DSC_0178

塩沼亮潤住職との恐れ多い記念写真

 

工事の記録

2016.04.05 | 建築施工管理技士 | , ,

工事の記録に関して、目視による検査が不可能となる部分は、施工記録や工事写真を整備する。

現場に搬入する加工された異形鉄筋の所定の規格を証明するにあたり、ミルシートと荷札の照合及び圧延マークを確認したうえ写真で記録する。

トルシア形高力ボルトの監理者による検査は、本締め完了確認の記録に基づく検査となる。よって、その記録を省略することはできない

 

土留め

2016.04.04 | 土木施工管理技士 | , ,

鋼矢板工法の鋼矢板は、軟弱地盤で湧水のある場合に用いられる。また、ヒービングやボイリングを防止するためには、根入れ長を長くしなければならない。

親杭横矢板工法は、H形鋼などを親杭として打設し、掘削の進行に合わせて木矢板などにより土留め壁とするもので、普通地盤で地下水が少なく、ある程度自立する地盤に用いられる。

 

マスコンクリート

2016.04.02 | コンクリート主任技士 | , , ,

マスコンクリートにおいて、早期に型枠を取り外したうえ表面温度を急激に冷却すると、内外部の温度差が大きくなり、内部拘束により表面にひび割れが生じやすい

マスコンクリートとして取り扱うべき構造物の部材寸法は、広がりのあるスラブの場合は、厚さ800~100㎝以上、下端が拘束された壁の場合、厚さ50㎝以上のコンクリートとしている。

マスコンクリートの施工において、既往の実績から考えて、有害な温度ひび割れが発生しないと判断できない構造物では、ひび割れ指数を用いてひび割れの発生を評価する。なお、ひび割れ指数が大きいほど、ひび割れ幅は小さいと予想される。

 

品質管理図表

2016.04.01 | 建築施工管理技士 | ,

品質管理に用いられるパレート図とは、不良品やトラブルなどを要因別あるいは形態別に分類したデータをとり、それらを発生数、不良点数などの値の大きい順に並べて棒グラフで表すとともに、累積値を線グラフでプロットしたものである。