ジョニー社長のブログ

コンクリート舗装の補修

2016.06.30 | 土木施工管理技士 | , , ,

コンクリート舗装の補修に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.コンクリートによるオーバーレイ工法で超早強セメントを用いた場合には、散水養生を行い、養生マットで十分な湿潤状態を保つようにする。

2.隅角部の局部打ち換えでは、ひび割れの外側をコンクリートカッターで2~3㎝の深さに切り、カッター線が交わる角の部分は応力集中を軽減させるため丸みをつけておくと良い。

3.打ち換え工法では、既設の路側構造物と打ち換えコンクリート版との間には、瀝青系目地板などを用いて縁を切り自由縁部とする。

4.コンクリート版の横断方向のひび割れに対する局部打ち換えでは、ひび割れが目地から3㎝以上の位置に生じた場合、そのひび割れを収縮目地に置き換えるよう施工する。

DSC_0099

山にかかる重い雲

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

 

―解説―
コンクリートによるオーバーレイ工法で超早強セメントを用いた場合には、散水養生を行わないでシート養生とする。

高流動コンクリートの配(調)合

2016.06.29 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , ,

高流動コンクリートの配(調)合を下表に示す条件で求める場合、単位水量の値として、適当なものはどれか。

水粉体容積比 (%) 空気量 (%) 細骨材率 (%) 単位粗骨材絶対容積(㎥/㎥)
100 5.0 50.0 0.300

 

1.165㎏/㎥

2.170㎏/㎥

3.175㎏/㎥

4.180㎏/㎥

 

DSC_0087

仙台駅のアーケード

 

 

 

 

 

解答 3

 

―解説―
①細骨材絶対容積=(粗骨材絶対容積+細骨材絶対容積)=50.0/100
より
細・粗骨材を合計した単位絶対容積=0.600㎥/㎥=600ℓ/100

②骨材の絶対容積と空気量を除いた単位水量と単位粉体量の合計値
1000-(600+1000×5.0/100)=350ℓ/㎥

③水粉体容積比が100%である(単位水量=単位粉体容積)ときの単位水量
350×1/2=175ℓ/㎥

 

床材料(タイル、カーペット、シート)

2016.06.28 | 建築施工管理技士 | , , ,

床材料に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.コンポジションビニル床タイルは、単層ビニル床タイルよりバインダー量を多くした床タイルである。

2.複層ビニル床タイルは、耐水性、耐薬品性、耐摩耗性に優れているが、反面、熱による伸縮性が大きい。

3.ウィルトンカーペットは、機械織りカーペットで、数色のパイル糸を使って模様を織り出すことができる。

4.リノリウムシートは、あまに油、松脂、コルク粉、木粉、炭酸カルシウム等を織り込んで、麻布を裏打ち材として成形した床シートである。

 

 

DSC_0084

早朝4時の風景

 

 

 

 

 

 

解答 1

 

―解説―
バインダーとは、ビニル樹脂に可塑剤と安定剤を加えたものである。バインダー含有率は、単層ビニル床材が30%以上、コンポジションビニル床タイルが30%未満である。

 

土質調査

2016.06.27 | 土木施工管理技士 | , , , , ,

土の特性に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

1.土のコンシステンシーは、含水比に左右され、かたい、やわらかい、もろいなどの言葉で表現される

2.トラフィカビリティーは、自然含水比と液性限界の相対関係から判定できる。

3.土の塑性指数(Ip)は、一般にその値が低いほど吸水による強度低下が著しい傾向にある。

4.コンシステンシー指数(Ic)は、粘性土の相対的な硬さや安定度を示す。

 

 

―解説―
塑性指数(Ip)=液性限界(WL)-塑性限界(Wp)

塑性指数は、土の分類や路盤材の品質の良否を判定するときに用いられる。ゆえに、塑性指数が高いほど吸水による強度低下が著しい

 

pic05844

 

 

 

 

 

解答 3

 

セメントの物理試験方法

2016.06.25 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , ,

JIS R 5201(セメントの物理試験方法)に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.セメントの密度は、ルシャテリエフラスコと脱泡した水を用い、所定の質量の試料の体積を測定して求める。

2.セメントの比表面積は、ブレーン空気透過装置を用い、マノメータ液の降下する時間を測定して求める。

3.セメントの凝結は、ビガー針装置と標準軟度のペーストを用い、標準針が所定の貫入量に達する時間を測定して求める。

4.セメントの圧縮強さは、曲げ試験によって切断された6個の折片を用い、圧縮試験を行って求める。

 

 

―解説―
セメントの密度試験はセメントと水和反応しない鉱油を用いる。そのため水を用いることはしない。

DSC_0061

滝野キャンプ場

 

 

 

 

 

解答 1

品質管理

2016.06.24 | 建築施工管理技士 | , ,

検査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.不良品が流れると人命に危険を与えたり、わずかな不良品が混入しても経済的に大きな損失となるとき、全数検査とする。

2.購入検査において、供給者側が行った検査結果を必要に応じて確認することによって、購入者の試験を省略する検査を間接検査という。

3.工程が管理状態でそのまま次工程に流れても損失は問題にならないと判断される場合に、無試験検査を適用する。

4.工程の品質状況が悪く継続的に不良率が大きく、決められた品質水準に修正しなければならない場合、抜き取り検査を行う。

 

 

―解説―
工程の品質状況が悪く継続的に不良率が大きく、決められた品質水準に修正しなければならない場合、全数検査を行う

 

DSC_0060

滝野キャンプ場

 

 

 

 

 

解答 4

 

建設工事公衆災害防止対策要綱

2016.06.23 | 土木施工管理技士 | , ,

建設工事公衆災害防止対策要綱に定められた、工事施工時の埋設物に関する施工者が実施すべき事項について、次のうち誤っているものはどれか。

 

1.道路上での工事中に埋設物が露出した場合は、事前協議で定められた方法によって埋設物を防護し、工事中の損傷及び公衆災害の防止に努めるとともに、常に点検等を行わなければならない。

2.道路上で杭、矢板等を打設する場合は、埋設物のないことが明確である場合を除き、埋設物の予想される位置を深さ2m程度まで試掘し、埋設物が確認されたら、布掘り又はつぼ掘りを行い露出させなければない。

3.道路上の工事で試掘によって埋設物を確認した場合は、その位置(平面・深さ)等を、道路管理者および埋設物の管理者に報告し、埋設物の深さは、原則として路面からの土被り厚さの寸法で表示しなければならない。

4.埋設物に近接して掘削を行う場合は、周辺の地盤のゆるみ、沈下等に十分注意し、必要に応じて埋設物の補強、移設等について、起業者および埋設物管理者と協議し、必要な措置を講じなければならない。

 

―解説―
起業者又は施工者は、試掘によって埋設物を確認した場合においては、その位置等を道路管理者及び埋設物の管理者に報告しなければならない。この場合、深さについては、原則として標高によって表示しておくものとする。

 

DSC_0058

滝野キャンプ場

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

海水の作用を受けるコンクリート

2016.06.18 | コンクリート主任技士 | , ,

海水の作用を受けるコンクリート(海洋コンクリート)に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.海上大気中にある構造物では、常時海水中にある構造物に比べ、コンクリート中の鉄筋がさびにくいため、水セメント比を55%とした。

2.耐硫酸塩ポルトランドセメントは、硫酸塩に対する抵抗性は優れているが、鉄筋の腐食防止効果が劣ることがあるので、海洋環境下における鉄筋コンクリートへの使用には注意が必要である。

3.塩分の飛来が予想されたため、アルカリシリカ反応の抑制対策として、コンクリート中のアルカリ総量規制によらず、安全と認められる骨材を使用することとした。

4.やむを得ず打継を設ける場合でも、最高潮位から上60㎝と最低潮位から下60㎝との間の感潮部分には打継を設けないこととした。

 

 

―解説―
海上大気中にある構造物のほうが常時海水中にあるものに比べ鉄筋が腐食しやすい。なぜなら、鉄筋腐食には酸素と水の供給が必要であり、大気中のほうが酸素供給量が多いためである。

 

DSC_0119

現場3Fの窓から見た連峰

 

 

 

 

 

解答 1

 

ALCパネル

2016.06.17 | 建築施工管理技士 |

ALCパネル工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.横壁ボルト止め構法では、パネル積上げ段数5段以内ごとに受け金物を設けた。

2.床パネルの孔あけ加工は、1枚当たり1箇所とし、主筋の位置を避け、パネル短辺幅の1/6の大きさとした。

3.パネルの取り扱い時に欠けが生じたが、構造耐力上は支障がなかったので、製造業者が指定する補修モルタルで補修して使用した。

4.床パネルで集中荷重が作用する部分は、その直下にパネル受け梁を設け、パネルは梁上で分割して割り付けされていることを確認した。
―解説―
屋根及び床パネルの孔あけ加工は、補強鉄筋を切断しない範囲で1枚当たり1箇所、かつ直径50㎜以下とする。なお、問題の記述は、外壁パネル及び間仕切りについてである。

 

DSC_0136

現場3Fから見る景色

 

 

 

 

 

解答 2

 

鉄筋の継手・あき

2016.06.16 | 土木施工管理技士 | , ,

鉄筋継手に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.重ね継手部分において、焼きなまし鉄線で巻く長さが長すぎると、コンクリートと鉄筋との付着強度が低下する恐れがあるので、できるだけ短くするほうが良い。

2.継手位置を軸方向に相互にずらす距離は、継手の長さに鉄筋直径の25倍を加えた長さ以上とするのが標準である。

3.軸方向鉄筋の重ね継手の重ね長さは、鉄筋直径の20倍以上とする。

4.継手部と隣接する鉄筋とのあき又は継手部相互のあきは、応力伝達を円滑にするため、粗骨材の最大寸法よりも狭めるのが良い。

 

 

―解説―
継手部と隣接する鉄筋とのあき又は継手相互のあきは、粗骨材の最大寸法以上とする。

 

 

DSC_0113

電気・設備・プラントの配管が入り乱れる大人数での試掘

 

 

 

 

 

解答 4