ジョニー社長のブログ

鉄筋の加工組立て

2016.07.30 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , ,

鉄筋の加工、組立て及び継手に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.鉄筋の末端部のフックの余長は、コンクリートとの定着効果の観点から、折り曲げ角度が90°の場合よりも180°の場合の方が長くとる必要がある。

2.異形鉄筋を用いる場合の閉鎖型の帯筋やあばら筋(スターラップ)では、異形鉄筋とコンクリート間の付着力が大きいため、鉄筋の末端部のフックを90°とするのが一般的である。

3.鉄筋量が多い部材では、重ね継手よりもガス圧接継手を用いる方が、継手位置での鉄筋のあきを確保できるので、一般的にコンクリートの打込みが容易になる。

4.呼び名がD32で種類がSD345の鉄筋と、同じ径のSD490の鉄筋は、強度ランクが2つしか離れていないので、ガス圧接継手によって接合することができる。

 

DSC_0266

仙台国際センター駅

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
鉄筋の末端部のフックは180°フックよりも90°フックの方を長くしなければならない。閉鎖型の帯筋やスターラップの鉄筋の末端部のフックは135°とするのが一般的である。ガス圧接継手を用いる場合、鉄筋径の差が7以内、かつ強度ランクが隣り合う種類の鉄筋はガス圧接継手を用いることができる。強度ランクが2以上異なる鉄筋どうしはガス圧接することはできない。

 

用語の定義

2016.07.26 | 建築施工管理技士 | , , , , , , ,

用語の定義に関する記述として、「建築基準法」上、誤っているものはどれか。

 

1.建築物に設ける避雷針は、建築設備である。

2.建築物の工事用の図面として現場で作成した現寸図は、設計図書である。

3.床が地盤面下にある階で、床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの1/3以上のものは、地階である。

4.建築とは、建築物を新築し、増築し、改築し、又は移転することをいう。

 

DSC_0255

仙台市 国分町

 

 

 

 

 

 

 

解答 2

 

-解説-
設計図書は、工事用の図面及び仕様書をいい、現寸図は設計図書に含まれない。(建築基準法第2条第12号)

 

ジオテキスタイル

2016.07.25 | 建築施工管理技士 | , , , , ,

ジオテキスタイルを用いた補強盛土の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.盛土に用いる材料は、含水比試験などを適宜行うほか、最大粒径を超える岩塊が混入しないように管理する。

2.補強盛土の基礎底面は、摩擦効果を高めるため尖った歴などを使用し不陸を残した仕上面とする。

3.盛土の施工中の表面排水処理は、盛土の安定性や施工性を向上させるため、一般に盛土の表面に排水溝に向かって数%の勾配をつける。

4.補強盛土のサンドイッチ工法は、低品質の盛土材とジオテキスタイルによる排水層とを交互に盛り立てる。

 

DSC_0256

仙台アーケード街の、とある地下

 

 

 

 

 

解答3

 

-解説-
補強盛土の基礎底面に尖った礫などを使用すると摩擦効果が減少し、せん断応力や引張応力が低下するため、取り除かねばならない

 

マスコンクリートのひび割れ

2016.07.23 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , ,

マスコンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.内部拘束による温度ひび割れは、コンクリートの表面と内部の温度差による応力によって生じ、内部温度が最高となる時点で発生することが多い。

2.外部拘束による温度ひび割れは、断面を貫通する場合が多く、構造物の耐久性に影響を及ぼす。

3.打込み温度を低くすることは、内部拘束応力の低減には有効であるが、外部拘束応力の低減効果は小さい。

4.鉄筋量を増やすことは、ひび割れ幅の低減には有効であるが、温度応力の低減効果は小さい。

 

 

DSC_0261

コンクリート技士・主任技士研修が行われた仙台国際センター

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
打込み温度を小さくすると、内外部の温度差が小さくなるので、内・外部拘束のいずれにも効果がある。

 

金属折板葺き屋根工事

2016.07.22 | 建築施工管理技士 | , , , , , ,

金属折板葺き屋根工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.タイトフレームの下地への溶接は、タイトフレームの立ち上がり部分の縁から10㎜残し、底部両側を隅肉溶接とした。

2.軒先の折板の先端部には、下底を15度程度折り曲げて尾垂れを付けた。

3.けらば包みの継手は、60㎜以上重ね合わせ、間に定形シール材を挟み込んで留めた。

4.重ね形折板の重ね部分の緊結のボルトは、流れ方向の間隔を900㎜とした。

 

DSC_0252

山形県村山の「あらきそば」

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

 

-解説-
重ね形折板の重ね部分の緊結のボルトは、流れ方向の間隔を600㎜程度とする。

 

薬液注入工事

2016.07.21 | 土木施工管理技士 |

薬液注入工事の施工管理に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.注入速度を一定のままで圧力が急上昇または急低下する場合は、直ちに注入を中止し、監督職員と協議の上適切に対応する。

2.適正な配合とするためには、ゲルタイム(硬化時間)を原則として作業開始前、午前、午後、の各1回以上測定する。

3.水ガラスの入荷時には、搬入状況の写真を撮影し、メーカーによる数量証明書は後日まとめて監督職員に提出する。

4.掘削時に湧水が発生するなど止水効果が不十分で、施工に影響を及ぼす恐れがある場合は、監督職員と協議のうえ必要な注入量を追加するなどの処置を行う。

 

DSC_0255

仙台国分町

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
水ガラスの入荷時は、搬入状況写真を撮影し、メーカーによる数量証明書を後日まとめてではなく、都度監督職員に提出する。

 

建設業の許可

2016.07.19 | 建築施工管理技士 | , ,

建設業の許可に関する記述として、「建設業法」上、誤っているものはどれか。

 

1.建設業者は、2以上の建設工事の種類について建設業の許可を受けることができる。

2.建設業の許可を受けようとする者は、その営業所ごとに、一定の資格又は実務経験を有する専任の技術者を置かなければならない。

3.特定建設業の許可とは、2以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業をしようとする建設業者に対して行う国土交通大臣の許可をいう。

4.内装仕上げ工事など建築一式工事以外の工事を請負う建設業者であっても、特定建設業者となることができる。

 

DSC_0229

宮城県 名取市民文化会館

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
特定建設業の許可は、発注者から直接請け負う1件の建設工事について、その工事の全部または一部を、下請代金(下請け契約が2以上あるときはそれらの総額)が建築工事業の場合は4,500万円以上、その他の業種は3,000万円以上となる下請契約を締結して施工しようとする者に必要な許可である。

 

河川護岸

2016.07.18 | 土木施工管理技士 | , , , ,

河川護岸の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

 

1.石張り(積み)工の張石は、その石の重量を2つの石に等分布させるように谷積みでなく布積みを原則とする。

2.鉄線じゃかごの詰石の施工順序は、まず石を緩く入れておき、低い方から順次かごを満杯に詰め込んでいく。

3.護岸部の覆土や寄せ石の材料は、生態系の保全、植生の早期復元、資材の有効利用のため現地発生材を利用する。

4.かごマットは、現場での据え付けや組立作業を省力化するため、かごは工場で完成近い状態まで加工する。

 

DSC_0288

焼肉屋さんの〆のアイス

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

 

-解説-
布積みは格段の高さを水平に揃えて積む工法。谷積みは格段共一定の谷ができるような積み方の工法である。谷積みの方が布積みよりも強度が高いため、谷積みを用いることが原則である。

 

コンクリートの養生

2016.07.13 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , ,

各種コンクリートの養生に関する一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.高炉セメントB種を用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートより初期強度の発現が遅いので、湿潤養生期間の下限を2日以上長くする必要がある。

2.フライアッシュを用いたコンクリートでは、強度不足や凍害による表面劣化を防ぐために、湿潤養生を十分に行う必要がある。

3.低熱ポルトランドセメントを用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートと初期強度の発現が同程度であるので、必要とされる湿潤養生期間も同じとすることができる。

4.膨張剤を用いたコンクリートでは、膨張過程におけるエトリンガイトや水酸化カルシウムの生成時に十分な水分が必要であるため、材齢初期における湿潤養生が特に重要である。

 

DSC_0171

北海道滝川駅前

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

―解説―
低熱ポルトランドセメントは、初期の水和反応を抑制し、長期にわたる水和反応により強度を得るものであるため、強度の発現は普通ポルトランドセメントよりも遅くなる。

 

コンクリートの打込み・締固め・打継ぎ

2016.07.09 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , ,

コンクリートの打込み・締固め・打継ぎに関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.壁にコンクリートを打込む場合、表面が1区画内でほぼ水平となるように、棒形振動機を用いて十分に横流しを行うのが良い。

2.SRC造の梁において、鉄骨のフランジ下端の充填不良を防止するために、片側から打込んだコンクリートが反対側に噴出したことを確認したのちに、両側から打込むと良い。

3.型枠振動機は、振動をせき板に伝達させることによってコンクリートを加振するものであり、熱い部材の内部のコンクリートの締固めに適している。

4.水平打継ぎ部に新たにコンクリートを打込む場合、旧コンクリートの表面に散水したのちに、十分に乾燥させてから打込むと良い。

 

富良野バーガー(でかっ)

富良野バーガー(でかっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 2

 

解説
壁のコンクリートを打込む場合、棒形振動機により横流しをしてはならない。また、型枠振動機はせき板の表面付近にしか振動を伝達できない。よって、厚い部材の内部のコンクリートの締固めには適さない。そのほか、硬化したコンクリート上に新たにコンクリートを打ち継ぐ際の水分が、旧コンクリートに吸収されるのを防ぐため、打継面を湿潤状態に保つ必要がある。