ジョニー社長のブログ

コンクリートのワーカビリティーと材料分離

2016.08.24 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , ,

 

コンクリートのワーカビリティーと材料分離に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.コンクリート温度が低くなると、ブリーディングが長く続き、ブリーディング量が増加する。

2.高炉スラグ微粉末を粉末度の高いものに変更すると、コンクリートのスランプが大きくなり、ブリーディング量も大きくなる。

3.骨材の細粒分が増すと、コンクリートの粘性が増加し、材料分離が少なくなる。

4.良質のポゾラン材料を使用すると、同一のスランプを得る単位水量が減少し、材料分離が少なくなる。

 

DSC_0408

品川駅周辺

 

東京へ出張に行った時の品川周辺のオフィスビル街です

カーテンウォールが眩しいですね

この辺りは緑も多くとても良く整備されています

DSC_0416

近くには高層マンションも立ち並んでいて

ペントハウスにでも住んでみたいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

回答 2

 

—解説―
高炉スラグ微粉末を粉末度の高いものに変更すると、コンクリートのスランプが小さくなり、ブリーディング量も小さくなる。

骨材の規定

2016.08.20 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , ,

 

骨材の規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1.JIS A 1103(骨材の微粒分量試験方法)では、微粒分量は、0.15㎜のふるいを通過する粒子の量としている。

2.JIS A 1104(骨材の単位容積質量及び実積率試験方法)では、単位容積質量の測定に、絶乾状態または気乾状態の粗骨材を用いることとしている。

3.JIS A 5002(構造用計量コンクリート骨材)では、骨材の絶乾密度、骨材の実積率、コンクリートの圧縮強度及びフレッシュコンクリートの単位容積質量により、骨材を区分している。

4.JIS A 5011(コンクリート用スラグ骨材)には、高炉スラグ骨材、フェロニッケルスラグ骨材、銅スラグ骨材及び電気炉酸化スラグ骨材の規格があり、それぞれに絶乾密度の下限値が規定されている。

DSC_0372

新庄駅の新幹線

DSC_0420

東京帰りの新庄着

 

山形新幹線の終着駅の新庄から東京へ出張で行ってきました

暑かった~~~

同じ気温でも、コンクリートジャングル(古)は

山形の自然な暑さと種類が違いますね…

 

所要時間3時間半

違う路線ならもうちょっと頑張れば函館まで行けちゃう!

 

でも、そんな山形が好きなんですけどね♪

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

 

-解説-
1.JIS A 1103(骨材の微粒分量試験方法)では、微粒分量は、0.075㎜のふるいを通過する粒子の量としている。

 

コンクリートの耐久性

2016.08.17 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , , , ,

 

コンクリートの耐久性に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.同一水セメント比の場合、高炉セメントB種を用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートよりも中性化が進み易い。

2.海水に含まれる硫酸マグネシウム(MgSO4)は、セメントの水和生成物中の水酸化カルシウム(Ca(OH)2)などと反応して体積膨張し、コンクリートにひび割れを発生させる。

3.コンクリートに防水塗装を施して外部からの水分の浸透を防止することは、アルカリシリカ反応による膨張の抑制に有効である。

4.凍害は、コンクリート中の水分が凍結膨張してコンクリート組織を破壊する現象であるため、骨材中では生じない。

 

DSC_0238

キャッスルイン仙台の朝食

またもや、キャッスルイン仙台のお話です

この朝食、バイキングです

ビジネスホテルでこの品数、そしてこの美味しさ

朝から食べ過ぎ間違いありません

一日がとってもうまくいく気分満開です♪

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

-解説-
凍害は、コンクリート中の水分が凍結膨張して、コンクリート組織を破壊する現象である。吸水率が高い骨材を使用すると、骨材自体が膨張してポップアウトを生じやすくなる。

 

根切り工事、オールケーシング工法、作業通路

2016.08.16 | 建築施工管理技士 | , , , , , , , , , ,

 

次の各記述において、記号ごとの①から③の下線部の語句のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句を記入しなさい。

 

1.作業場に通じる場所及び作業場内には、労働者が使用するための安全な通路を設け、かつ、これを常時有効に保持しなければならない。通路で主要なものにはこれを保持するため通路であることを示す表示をしなければならない。
①屋内に設ける通路は用途に応じた幅を有し、通路面から高さ②1.8m以内に障害物を置いてはならない。機械間またはこれと他の設備との間に設ける通路については、幅③60㎝以上としなければならない。

 

2.根切り工事において、掘削底面付近の砂質地盤に上向きの浸透流が生じ、この水の浸透力が砂の水中での有効重量より大きくなり、砂粒子が水中で浮遊する状態を①クイックサンドという。①クイックサンドが発生し、沸騰したような状態でその付近の地盤が崩壊する現象を②ボイリングという。
掘削底面やその直下に難透水層があり、その下にある被圧地下水により掘削底面が持ち上がる現象を③ヒービングという。

 

3.場所打コンクリート杭事業のオールケーシング工法において、掘削は①ドリリングバケットを用いて行い、1次スライム処理は、孔内水が②多い場合には、③沈殿バケットを用いて処理し、コンクリート打込み直前までに沈殿物が多い場合には、2次スライム処理を行う。

 

キャッスルイン仙台のロビー

キャッスルイン仙台のロビー

今日もキャッスルイン仙台のお話です

どんだけ気に入ってんの!?って感じですけど…

コーヒーがセルフで無料のサービス

最近どこのホテルでもありますが、ここのは美味しい

居心地もよいので、ゆっくり食後のコーヒータイムを満喫できますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

1.解答

最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:80

 

2.解答

最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:盤ぶくれ

 

3.解答

最も不適当な箇所番号:①
適当な語句:ハンマグラブ

 

盛土の施工、土工

2016.08.15 | 土木施工管理技士 | , , , , , , , , ,

土工に関する次の設問に答えなさい。

【設問1】土工に関する次の文章の   に当てはまる適切な語句を解答欄に記入しなさい。

1.環境保全の観点から、盛土の構築にあたっては建設発生土を有効利用することが望ましく、建設発生土は、その性状や(イ)指数により第1種建設発生土~第4種建設発生土に分類される。

2.安定が懸念される材料は、盛土法面勾配の変更、(ロ)補強盛土やサンドイッチ工法の適用や排水処理工法などの対策を講じる、あるいはセメントや石灰による安定処理を行う。

3.有用な発生土は、可能な限り仮置きを行い、法面の土羽土として有効利用するほか、(ハ)の良い砂質土や礫質土は排水材料として使用する。

4.軟弱地盤対策を実施する場合には、対策工をできるだけ早期に完了して、盛土などの土工構造物の施工を始める前に地盤を安定させる。

5.軟弱地盤に盛土や土工構造物を施工する場合は、(ニ)のトラフィカビリティーの確保と所要の排水性能の確保が必要であり、このため(ホ)工法または、表層混合処理工法などが併用されることが多い。

 

 

DSC_0226

キャッスルイン仙台に隣接する温泉の食堂

キャッスルイン仙台の宿泊客が自由に入れる温泉と食堂です

家族連れや宿泊客の人たちで、終日にぎわっています

ゆっくり落ち着いて食事ができるので

健康ランド感覚で一日中まったりしたいですね♪

 

 

 

 

 

 

-解答-
(イ) コーン
(ロ) ジオテキスタイル
(ハ) 透水性
(ニ) 施工機械
(ホ) サンドマット

 

コンクリートの製造

2016.08.13 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , , , ,

JIS A 5308(レディーミクストコンクリート)の規定に照らして、次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.コンクリートの塩化物含有量は、購入者の承認を受けたので塩化物イオン量(Cl⁻)として0.6㎏/㎥を上限とした。

2.コンクリートの塩化物含有量は、フレッシュコンクリート中の水の塩化物イオン濃度と配合設計に用いた単位水量との積として求めた。

3.骨材のアルカリシリカ反応性試験を化学法で実施した結果、区分Bであったのでモルタルバー法による試験を実施し、この骨材が区分Aであることを確認して使用した。

4.コンクリート中のアルカリ総量は、セメント、混和剤、混和材、及び流動化剤のそれぞれの全アルカリ量(%)と単位量(㎏/㎥)の積の総和として求めた。

 

 

DSC_0198

まといの鰻重

山形県新庄市の割烹「纏(まとい)」

職人技が光る料理の数々(旨)

食す者の目を楽しませ、舌をうならせる

そんなお店です♪♪♪

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

 

-解説-
コンクリート中のアルカリ総量Rt(㎏/㎥)は、次式により計算する。
Rt=Rc+Ra+Rs+Rm+Rp
ここに、
Rc:コンクリート中のセメントに含まれる全アルカリ量(㎏/㎥)
Rsa:コンクリート中の混和材に含まれる全アルカリ量(㎏/㎥)=単位混和材量(㎏/㎥)×混和材中の全アルカリ量(%)/100
Rs:コンクリート中の骨材に含まれる全アルカリ量(㎏/㎥)=単位骨材量(㎏/㎥)×0.53×骨材中のNaClの量(%)/100
Rm:コンクリート中の混和剤に含まれる全アルカリ量(㎏/㎥)=単位混和剤量(㎏/㎥)×混和材中の全アルカリ量(%)/100
Rp:コンクリート中の流動化剤に含まれる全アルカリ量(㎏/㎥)=単位流動化剤(㎏/㎥)×流動化剤中の全アルカリ量(%)/100

 

タイルの改良圧着張り工法、内装の床張物下地

2016.08.12 | 建築施工管理技士 | , , , , , , , ,

次の各記述において、記述ごとの①から③の下線部の語句のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句を記入しなさい。

 

1.タイルを壁の下地モルタル面に、改良圧着張り工法にて張り付ける場合、下地に適当な水浸しを行い、①機械練りした張付けモルタルを②2層塗りし、タイル裏面全体に張り付けモルタルを塗り付け、直ちにたたき押さえをして張り付ける。。一度に張り付ける面積は③3㎡以下とする。

 

2.内装の床張物下地をセルフレベリング材塗りとする場合、軟度を一定に練り上げたセルフレベリング材を、レベルに合わせて流し込む。流し込み中は、できる限り通風を①良くして作業を行う。
施工後の養生期間は、常温で7日以上、冬期間は②14日以上とし、施工場所の気温が③5℃以下の場合は施工しない。

 

 

DSC_0220

仙台のホテル キャッスルイン仙台

仙台港やアウトレットモールにほど近く

サービスも良く部屋が広くてきれいです。

また、宿泊客も入れる温泉と食堂が隣接してて

風呂上がりにそこで冷たいビールをくーーっと!

至福の時です♪

 

 

 

 

 

 

 

-解答-

1.
最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:2

2.
最も不適当な箇所番号:①
適当な語句:なくして

 

軟弱地盤、排水対策工法

2016.08.11 | 土木施工管理技士 | , , , , , ,

【設問2】軟弱地盤に盛土を行う場合、下記の5つの対策工法の中から2つ選び、工法の説明と主として期待される効果を記述しなさい。

1.掘削置換工法
2.盛土補強工法
3.サンドドレーン工法
4.深層混合処理工法
5.ウェルポイント工法

 

DSC_0315

現場からの風景

山形県新庄市付近の風景です

夏の深緑がきれいで、遠くの山脈が悠然とした姿でたたずんでいます

空も雲も空気もすがすがしい一日でした♪

 

 

 

 

 

 

 

-解答-

1.軟弱地盤を掘削除去し、良質土と置き換える工法。地盤支持力を増加させる。
2.,ジオグリッド,ジオネ ット,織布,不織布等の面(網)状補強材を用い て土壁の補強および盛土を補強する。
3.軟弱地盤中に鉛直方向に、軟弱層厚より小さい適当な間隔でサンドパイルを打込み、軟弱層の排水を容易にし、圧密沈下を促進して地盤を安定化する。
4.地表から深い層とセメントまたは石灰などの安定材を混合し、柱体状または全面的に地盤を改良して強度を増し、沈下およびすべり破壊を防止する。
5.掘削箇所及びその周囲にウェルポイントを地中に差し込み、強制的に排水することで、地下水位を低下させる。

 

マスコンクリートの養生

2016.08.03 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , ,

コンクリートの養生に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.外気温が20℃程度の時期に、使用するセメントを早強ポルトランドセメントから普通ポルトランドセメントに変更したので、湿潤養生期間を2日程度延長した。

2.養生温度が高いと強度発現は早くなり長期強度の伸びも大きくなるため、養生温度をできるだけ高く保った。

3.寒中コンクリートの施工において、温度上昇後の急冷を防止するため、木製型枠に比べて熱伝導率が高い鋼製型枠を使用した。

4.マスコンクリートの施工において、部材内の温度差を小さくするために型枠表面の冷却を行ってコンクリート温度を下げた。

 

DSC_0047

山形県 鶴岡カトリック教会

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

-解説-
コンクリートは養生温度が高い強度発現は早くなるが、長期強度の伸び低温で養生された方が大きくなる。
鋼製枠は木製枠よりも熱伝導率が高く、外気温の影響を受けやすい。急冷を防止するためには、鋼製枠に比べ断熱効果のある木製枠を使用する。
マスコンクリートの型枠表面を冷却すると、躯体内外部の温度差が大きくなり、内部拘束が著しいためにひび割れが発生するので不適当である。

 

日替わり掲載を、実地試験の筆記問題に切り替えました!

2016.08.03 | 土木施工管理技士, 建築施工管理技士 | , , , , , , , ,

各カテゴリー(土木施工管理技士建築施工管理技士コンクリート主任技士)ごとのトピックスや試験の要点や対策などなど…を、日替わりで掲載していきます。

 

特に、「土木施工管理技士」と「建築施工管理技士」の問題を実地試験の筆記問題に切り替えました!

 

予定表はコレ 

土木施工管理技士 建築施工管理技士  コンクリート主任技士 土木施工理技士 建築施工管理技士
コンクリート主任技士
休工

 

 

DSC_0244

山形県村山市の「あらきそば」