ブログ・お知らせ

コンクリートの耐久性

2016.08.17 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , , , ,

 

コンクリートの耐久性に関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.同一水セメント比の場合、高炉セメントB種を用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートよりも中性化が進み易い。

2.海水に含まれる硫酸マグネシウム(MgSO4)は、セメントの水和生成物中の水酸化カルシウム(Ca(OH)2)などと反応して体積膨張し、コンクリートにひび割れを発生させる。

3.コンクリートに防水塗装を施して外部からの水分の浸透を防止することは、アルカリシリカ反応による膨張の抑制に有効である。

4.凍害は、コンクリート中の水分が凍結膨張してコンクリート組織を破壊する現象であるため、骨材中では生じない。

 

DSC_0238

キャッスルイン仙台の朝食

またもや、キャッスルイン仙台のお話です

この朝食、バイキングです

ビジネスホテルでこの品数、そしてこの美味しさ

朝から食べ過ぎ間違いありません

一日がとってもうまくいく気分満開です♪

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

-解説-
凍害は、コンクリート中の水分が凍結膨張して、コンクリート組織を破壊する現象である。吸水率が高い骨材を使用すると、骨材自体が膨張してポップアウトを生じやすくなる。