ブログ・お知らせ

体積変化とひび割れ

2016.09.15 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , ,

 

コンクリートの体積変化およびひび割れに関する次の一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.自己収縮によるひび割れは、変形が拘束されることにより発生するので、同一の拘束条件であれば引張クリープが小さいほど発生しにくい。

2.乾燥収縮は、セメントペーストぶの乾燥収縮が骨材によって拘束されるので、骨材の弾性係数が大きい方が小さい。

3.温度応力によるひび割れは、外部拘束や内部拘束により発生するので、いずれの場合も拘束が小さいほど発生しにくい。

4.プラスティック収縮ひび割れは、打込み後の急激な乾燥により生じるが、表面仕上げにより取り除くことが可能で、湿潤養生によってその後の発生も防ぐことができる。

 

(解答と解説は一番下にあります ☟ )

 

 

【バリエピソード3】

DSC_0191

〔上空からのバリの街並〕

 

AM11時に成田空港を飛び立ってから、だいたい6時間

やってきましたバリ!!

時差は日本より1時間ほど遅い

 

 

この、THE南国の空気と建築物たち

 

何とも言えないワクワク感が、心の底から湧き出してきました

 

 

DSC_0193

〔バリのデンパサール空港〕

 

空港は2階建てで、あまり空港っぽくない

 

おそらく建物のデザインは、寺院とかをイメージして設計してるんではないでしょうか

 

DSC_0195

〔バリのデンパサール空港の待機場〕

 

空港の規模の割には、大型のジェットの数が多いと感じました

 

DSC_0197

〔デンパサール空港内〕

 

なんとこの空港、壁がないんです!

到着ロビーは言ってみれば外部

雨降ったら写真のエリア人たちはびしょ濡れになるな~

と思いました

 

さすが、バリ

 

そして、空港を出るときはもう日が落ちて夜

 

 

 

それもそのはず

 

なんと私だけ最後の持ち物チェックで引っかかってしまい

30分ほどスーツケースの中身を調べられたのです

 

 

当然、とくにヤバいものは所持しておらず

何事もなく通過はできましたが

 

日本酒とワイン、それと

3パック×4をばらしてジップロックに入れてきた納豆

 

無くてはならない私のライフラインたちが没収されるのでは⁉

とヒヤヒヤもんでした

 

検査官は

ジャパニーズサケ??

ジャパニーズナットウ??

と興味津々で欲しそうにしてましたけどね…♪

 

 

 

 

 

 

 

解答1

 

-解説-
引張クリープは、外部拘束や内部拘束の拘束力を緩和する効果があるので、引張クリープが大きいほど自己収縮によるひび割れが発生しにくい。