ジョニー社長のブログ

土留め工法の破壊現象

2016.09.09 | 土木施工管理技士 | , , , , , , ,

 

〔問題〕シートパイル山留工法を用いて掘削を行った場合に地盤の状況に応じて発生する掘削底面の破壊現象名を2つあげ、それぞれの現象または対策方法のいずれかを解答欄に記述しなさい。

 

 

(解答は一番下にあります ☟ )

 

DSC_0175

成田空港北ウィング入口

 

先日、出張でインドネシアのバリに行ってきました

今日から数回はバリネタをあげていきます

 

成田空港22:50発

デンパザール空港直行便で出発です!

 

DSC_0177

手荷物預け場所

 

手荷物を預けようと重さを計測してもらうと

 

なななんと、無料あずかりMAX32.0㎏のところ31.8㎏!

 

事前に計ったわけではなく、異常に重いなとは思ってましたが

まさかのギリギリセーフな神業

 

なぜそんなに重くなったかというと

バリで滞在するところに店がなく、酒が買えないという情報があり

日本から、日本酒3ℓとワイン3ℓをスーツケースに詰めた結果でした笑

 

重量オーバーで泣く泣くどちらかを手放すこともなく無事ゲートを通過

 

DSC_0181

成田空港滑走路

 

さあ、旅立ちますよ♪

 

 

 

 

 

-回答-

破壊現象名 現象内容と対策方法
盤ぶくれ 掘削底面が下方からの水圧で持ち上げられるようにふくれる現象。底盤改良。根入れ確保。
ボイリング 砂質地盤で掘削箇所と周囲地盤に大きな水頭差が生じたとき、掘削底面から地下水とともに周囲の砂が噴き出す現象。根入れの確保。底盤改良。
パイピング 地盤の弱い箇所の土粒子が浸透流によって洗い流され、土中の水みちが拡大する現象。底盤改良。
ヒービング やわらかい粘土地盤の掘削において、土留め壁背面の土砂が掘削底面に回り込み、底面が持ち上がり土留め破壊する現象。底盤改良。根入れ確保。

根切り工事、オールケーシング工法、作業通路

2016.08.16 | 建築施工管理技士 | , , , , , , , , , ,

 

次の各記述において、記号ごとの①から③の下線部の語句のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句を記入しなさい。

 

1.作業場に通じる場所及び作業場内には、労働者が使用するための安全な通路を設け、かつ、これを常時有効に保持しなければならない。通路で主要なものにはこれを保持するため通路であることを示す表示をしなければならない。
①屋内に設ける通路は用途に応じた幅を有し、通路面から高さ②1.8m以内に障害物を置いてはならない。機械間またはこれと他の設備との間に設ける通路については、幅③60㎝以上としなければならない。

 

2.根切り工事において、掘削底面付近の砂質地盤に上向きの浸透流が生じ、この水の浸透力が砂の水中での有効重量より大きくなり、砂粒子が水中で浮遊する状態を①クイックサンドという。①クイックサンドが発生し、沸騰したような状態でその付近の地盤が崩壊する現象を②ボイリングという。
掘削底面やその直下に難透水層があり、その下にある被圧地下水により掘削底面が持ち上がる現象を③ヒービングという。

 

3.場所打コンクリート杭事業のオールケーシング工法において、掘削は①ドリリングバケットを用いて行い、1次スライム処理は、孔内水が②多い場合には、③沈殿バケットを用いて処理し、コンクリート打込み直前までに沈殿物が多い場合には、2次スライム処理を行う。

 

キャッスルイン仙台のロビー

キャッスルイン仙台のロビー

今日もキャッスルイン仙台のお話です

どんだけ気に入ってんの!?って感じですけど…

コーヒーがセルフで無料のサービス

最近どこのホテルでもありますが、ここのは美味しい

居心地もよいので、ゆっくり食後のコーヒータイムを満喫できますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

1.解答

最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:80

 

2.解答

最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:盤ぶくれ

 

3.解答

最も不適当な箇所番号:①
適当な語句:ハンマグラブ