ジョニー社長のブログ

マスコンクリートの養生

2016.08.03 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , ,

コンクリートの養生に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.外気温が20℃程度の時期に、使用するセメントを早強ポルトランドセメントから普通ポルトランドセメントに変更したので、湿潤養生期間を2日程度延長した。

2.養生温度が高いと強度発現は早くなり長期強度の伸びも大きくなるため、養生温度をできるだけ高く保った。

3.寒中コンクリートの施工において、温度上昇後の急冷を防止するため、木製型枠に比べて熱伝導率が高い鋼製型枠を使用した。

4.マスコンクリートの施工において、部材内の温度差を小さくするために型枠表面の冷却を行ってコンクリート温度を下げた。

 

DSC_0047

山形県 鶴岡カトリック教会

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

-解説-
コンクリートは養生温度が高い強度発現は早くなるが、長期強度の伸び低温で養生された方が大きくなる。
鋼製枠は木製枠よりも熱伝導率が高く、外気温の影響を受けやすい。急冷を防止するためには、鋼製枠に比べ断熱効果のある木製枠を使用する。
マスコンクリートの型枠表面を冷却すると、躯体内外部の温度差が大きくなり、内部拘束が著しいためにひび割れが発生するので不適当である。

 

マスコンクリートのひび割れ

2016.07.23 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , ,

マスコンクリートに関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.内部拘束による温度ひび割れは、コンクリートの表面と内部の温度差による応力によって生じ、内部温度が最高となる時点で発生することが多い。

2.外部拘束による温度ひび割れは、断面を貫通する場合が多く、構造物の耐久性に影響を及ぼす。

3.打込み温度を低くすることは、内部拘束応力の低減には有効であるが、外部拘束応力の低減効果は小さい。

4.鉄筋量を増やすことは、ひび割れ幅の低減には有効であるが、温度応力の低減効果は小さい。

 

 

DSC_0261

コンクリート技士・主任技士研修が行われた仙台国際センター

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

-解説-
打込み温度を小さくすると、内外部の温度差が小さくなるので、内・外部拘束のいずれにも効果がある。

 

マスコンクリート

2016.04.02 | コンクリート主任技士 | , , ,

マスコンクリートにおいて、早期に型枠を取り外したうえ表面温度を急激に冷却すると、内外部の温度差が大きくなり、内部拘束により表面にひび割れが生じやすい

マスコンクリートとして取り扱うべき構造物の部材寸法は、広がりのあるスラブの場合は、厚さ800~100㎝以上、下端が拘束された壁の場合、厚さ50㎝以上のコンクリートとしている。

マスコンクリートの施工において、既往の実績から考えて、有害な温度ひび割れが発生しないと判断できない構造物では、ひび割れ指数を用いてひび割れの発生を評価する。なお、ひび割れ指数が大きいほど、ひび割れ幅は小さいと予想される。