ジョニー社長のブログ

コンクリートのワーカビリティーと材料分離

2016.08.24 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , ,

 

コンクリートのワーカビリティーと材料分離に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.コンクリート温度が低くなると、ブリーディングが長く続き、ブリーディング量が増加する。

2.高炉スラグ微粉末を粉末度の高いものに変更すると、コンクリートのスランプが大きくなり、ブリーディング量も大きくなる。

3.骨材の細粒分が増すと、コンクリートの粘性が増加し、材料分離が少なくなる。

4.良質のポゾラン材料を使用すると、同一のスランプを得る単位水量が減少し、材料分離が少なくなる。

 

DSC_0408

品川駅周辺

 

東京へ出張に行った時の品川周辺のオフィスビル街です

カーテンウォールが眩しいですね

この辺りは緑も多くとても良く整備されています

DSC_0416

近くには高層マンションも立ち並んでいて

ペントハウスにでも住んでみたいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

回答 2

 

—解説―
高炉スラグ微粉末を粉末度の高いものに変更すると、コンクリートのスランプが小さくなり、ブリーディング量も小さくなる。