ジョニー社長のブログ

品質管理

2016.06.24 | 建築施工管理技士 | , ,

検査に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.不良品が流れると人命に危険を与えたり、わずかな不良品が混入しても経済的に大きな損失となるとき、全数検査とする。

2.購入検査において、供給者側が行った検査結果を必要に応じて確認することによって、購入者の試験を省略する検査を間接検査という。

3.工程が管理状態でそのまま次工程に流れても損失は問題にならないと判断される場合に、無試験検査を適用する。

4.工程の品質状況が悪く継続的に不良率が大きく、決められた品質水準に修正しなければならない場合、抜き取り検査を行う。

 

 

―解説―
工程の品質状況が悪く継続的に不良率が大きく、決められた品質水準に修正しなければならない場合、全数検査を行う

 

DSC_0060

滝野キャンプ場

 

 

 

 

 

解答 4

 

品質管理(仕上工事の試験・検査)

2016.01.19 | 建築施工管理技士 | , , ,

仕上工事の試験及び検査において、外壁タイル張りの接着力試験は、施工後2週間以上経過してから実施し、その判定は、0.4N/㎟未満のものを不合格とする。