ジョニー社長のブログ

コンクリートポンプ打設、型枠締め付け、鉄骨溶接

2016.09.16 | 建築施工管理技士 | , , , , , ,

 

次の各記述において、記号ごとの①から③の下線部の語句のうち最も不適当な箇所番号を1つあげ、適当な語句を記入しなさい。

 

【問1】コンクリートポンプを用いてコンクリート打設を行う際、コンクリートポンプ1台当たりの1日の打込み量の上限は①250㎥を目安とし、輸送管の大きさは圧送距離、圧送高さ、コンクリートの圧送による品質への影響の程度などを考慮して決める。輸送管の径が大きい程圧力損失が②大きくなる。
コンクリートの圧送に先立ちポンプ及び輸送管の内面の潤滑性の保持のため、水及びモルタルを圧送する。先送りモルタルは打設するコンクリートと同等以上の強度を有するものとし、モルタルは型枠内に③打ち込まないことを原則とする。

 

【問2】型枠組立てにあたって、締め付け時に丸セパレーターとせき板の角度が大きくなると、丸セパレーターの破断強度が大幅に低下するので、できるだけ①垂直に近くなるように取り付ける。
締め付け金物は、締め付け不足でも締め付けすぎても不具合が生じるので、適正に使用することが重要である。締め付け金物を締め付けすぎると、せき板が②内側に変形する。締め付けすぎへの対策として、内端太(縦端太)を締め付けるボルトとできるだけ③離して締め付ける等の方法がある。

 

【問3】鉄骨の現場溶接作業において、防風対策は特に配慮しなければならない事項である。①アーク熱によって溶かされた溶融金属は大気中の酸素や②窒素が混入しやすく、凝固するまで適切な方法で外気から遮断する必要がある。この時遮断材料として作用するものが、ガスシールドアーク溶接の場合シールドガスである。しかし、風の影響によりシールドガスに乱れが生じると、溶融金属の保護が不完全になり③アンダーカットなどの欠陥が生じてしまう。また、溶融金属中への②窒素の混入は、溶融金属の破壊靭性を低下させる。
締め付け金物は、締め付け不足でも締め付けすぎても不具合が生じるので、適正に使用することが重要である。締め付け金物を締め付けすぎると、せき板が②内側に変形する。

 

(解答は一番下にあります ☟ )

 

 

〔バリエピソード4〕

DSC_0199

高速のゲート

 

デンパサール空港から車でホテルへ向かう途中

高速道路を利用しました

 

 

写真は高速のゲートです!ビックリ!!

 

ずいぶん派手なつくりですよね

 

 

DSC_0202

高速道路

 

高速道路は車とバイクの通路が分離されていて

おたがい安全に走行できます

 

なかなか良いアイディアだと思いました

 

 

DSC_0205

ホテルの外観

 

そんなこんなで

ホテルに到着

 

南国のヴィラのようなホテルでした

 

DSC_0206

部屋

 

DSC_0207

バスルーム

 

DSC_0208

プール

 

やっぱりどこのホテルにもプールが付いてます

 

すぐに飛び込みたい衝動を押え

ウエルカムディナー会場へ向かいました

 

 

次回はディナーの様子から始めましょうかね♪

 

 

 

 

 

 

 

【問1】解答
最も不適当な箇所番号:②
適当な語句:小さく

【問2】解答
最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:近接させて

【問3】解答
最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:ブローホール

鉄骨工事の溶接

2016.07.08 | 建築施工管理技士 | ,

鉄骨工事の溶接に関する記述として、最も不適当なものはどれか。

 

1.溶接部の表面割れは、割れの範囲を確認した上で、その両端から50㎜以上溶接部をはつり取り、補修溶接した。

2.完全溶け込み溶接の突合せ継手における余盛高さについては、1㎜であったので、許容範囲内とした。

3.490N/㎟級の高張力鋼の組立溶接を被覆アーク溶接で行うので、低水素系の溶接棒を使用した。

4.溶接作業場所の気温が-5℃を下回っていたので、溶接部より100㎜の範囲の母材部分を加熱して作業を行った。

 

DSC_0201

富良野バーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 4

-解説-
気温が-5℃以下の場合は溶接を行ってはならない。-5℃~+5℃の場合は、溶接部より100㎜の範囲の母材部分を適切に加熱して溶接を行うことができる。

鉄骨の建方(混用接合)

2016.01.22 | 建築施工管理技士 | ,

混用接合とは、ウェブを高力ボルト、フランジを溶接で接合するもので、高力ボルト継手に比べて締め付ける高力ボルトの本数が少ない。そのため、通常の高力ボルト継手ではボルト1群に対して1/3程度だが、混用接合では少し厳しく、ボルト1群に対して1/2程度とする。ただし、ウェブのボルトが2列以上の場合は、安全性を検討した上で1/2以下に減じてよい。

ゆえに、混用接合及び併用継手では、仮ボルトは中ボルト等を用い、ボルト1群に対して1/2程度かつ2本以上をバランスよく配置して締め付ける。