ジョニー社長のブログ

コンクリートの養生

2016.09.20 | 土木施工管理技士 | ,

 

コンクリートの養生に関する次の文章の  に当てはまる適切な語句を解答欄に記入しなさい

 

1.コンクリートの打込み後は、コンクリート表面が乾燥すると(イ)の発生の原因となるので、硬化を始めるまで、日光の直射、風などによる水分の逸散を防がなければならない。
また、コンクリートを適当な温度の下で、十分な(ロ)状態に保ち、有害な作用の影響を受けないようにすることが必要である。

 

2.コンクリートは、十分に硬化が進むまで、硬化に必要な温度条件に保ち、低温、高温、急激な温度変化による有害な影響を受けないように、必要に応じて養生時の温度を制御しなければならない。
セメントの(ハ)反応は、養生時のコンクリート温度によって影響を受け、一般に養生温度や材齢が圧縮強度に及ぼす影響は、養生温度が低い場合は、必要な圧縮強度を得るための期間は長く、逆に養生温度が高いと短くなる。

 

3.外気温が著しく低く日平均気温が4℃以下となるような寒中コンクリートの養生方法としては、コンクリートが打込み後の初期に(ニ)しないようにするために遮断性の高い材料でコンクリートの周囲を覆い、所定の強度が得られるまで(ホ)養生する。

 

 

(解答は一番下にあります ☟ )

 

 

 

〔バリエピソード5〕

 

 

やってきましたウェルカムディナー!

個人の住宅に招かれてきました

 

 

 

ビンタンビール

ビンタンビール

 

バリ料理の数々とビンタンビール

美味すぎます

 

ウェルカムダンス

ウェルカムダンス

 

程よいところでウェルカムダンス

可愛い踊りで心が和みました

 

プール

プール

 

やっぱりプールが!

 

このあと、ウェルカムドボンで服を着たまま

プールへダイビング!!

 

 

最高に気持ち良かった~~♪

 

 

 

 

 

 

 

解答
(イ)ひび割れ
(ロ)湿潤
(ハ)水和
(ニ)凍結
(ホ)保温

 

ガス圧接の技量資格種別、コンクリート打込み及び養生

2016.09.09 | 建築施工管理技士 | , , , , , , ,

 

〔問題1〕ガス圧接の技量資格種別において、①手動ガス圧接については、1種から4種まであり、2種、3種、4種となるにしたがって、圧接作業可能な鉄筋径の範囲が②大きくなる。技量資格種別が1種の圧接作業可能範囲は、異形鉄筋の場合は呼び名③D32以下である。

 

〔問題2〕コンクリート工事において、暑中コンクリートでは、レディーミクストコンクリートの荷卸し時のコンクリート温度は、原則として①35℃以下とし、コンクリートの練り混ぜから打込み終了までの時間は、②120分以内とする。打込み後の養生は、特にずいぶんの急激な発散及び日射による温度上昇を防ぐよう、コンクリート表面への散水により常に湿潤に保つ。コンクリート上面ではブリーディング水が消失した時点、せき板に接する面では③脱型直後とする。

 

(解答は一番下にあります ☟ )

 

DSC_0183

成田空港チェックイン後の免税店

 

バリへ出発する前

成田空港のチェックイン後の免税店で高級スコッチを一杯のはずが

写真NGの可愛い店員さんに勧められ、つい三杯いっちゃいました

 

美味しかったけど、荷物になるんでバリには持っていけないし

帰りは寄れないし…

 

結局買わずに、店員さんにお礼を言って搭乗口へ向かいました

 

DSC_0184

ガルーダインドネシア航空の機内

 

そして、いよいよ搭乗!

機内は思ったより広く快適です

 

DSC_0187

ウェルカムドリンクとつまみ

 

ウェルカムドリンクはビンタンビールにしました

そのあとに、ジントニック超濃いめを二杯いただき

〆に機内食でお腹を満たします

 

DSC_0188

機内食(和食)

 

和洋食を選べるのですが、中央往付近の席なのに

すでに洋食が完売(悲)

有無を言わさず和食!

 

ちょっとエスニックな香りがする和食でしたが

美味しかったで~す♪

 

 

 

 

 

 

 

〔1〕解答
最も不適当な箇所番号:③
適当な語句:D25

〔2〕解答
最も不適当な箇所番号:②
適当な語句:90

 

マスコンクリートの養生

2016.08.03 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , , , , , ,

コンクリートの養生に関する次の記述のうち、適当なものはどれか。

 

1.外気温が20℃程度の時期に、使用するセメントを早強ポルトランドセメントから普通ポルトランドセメントに変更したので、湿潤養生期間を2日程度延長した。

2.養生温度が高いと強度発現は早くなり長期強度の伸びも大きくなるため、養生温度をできるだけ高く保った。

3.寒中コンクリートの施工において、温度上昇後の急冷を防止するため、木製型枠に比べて熱伝導率が高い鋼製型枠を使用した。

4.マスコンクリートの施工において、部材内の温度差を小さくするために型枠表面の冷却を行ってコンクリート温度を下げた。

 

DSC_0047

山形県 鶴岡カトリック教会

 

 

 

 

 

 

 

解答 1

-解説-
コンクリートは養生温度が高い強度発現は早くなるが、長期強度の伸び低温で養生された方が大きくなる。
鋼製枠は木製枠よりも熱伝導率が高く、外気温の影響を受けやすい。急冷を防止するためには、鋼製枠に比べ断熱効果のある木製枠を使用する。
マスコンクリートの型枠表面を冷却すると、躯体内外部の温度差が大きくなり、内部拘束が著しいためにひび割れが発生するので不適当である。

 

コンクリートの養生

2016.07.13 | コンクリート主任技士, コンクリート技士 | , , ,

各種コンクリートの養生に関する一般的な記述のうち、不適当なものはどれか。

 

1.高炉セメントB種を用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートより初期強度の発現が遅いので、湿潤養生期間の下限を2日以上長くする必要がある。

2.フライアッシュを用いたコンクリートでは、強度不足や凍害による表面劣化を防ぐために、湿潤養生を十分に行う必要がある。

3.低熱ポルトランドセメントを用いたコンクリートでは、普通ポルトランドセメントを用いたコンクリートと初期強度の発現が同程度であるので、必要とされる湿潤養生期間も同じとすることができる。

4.膨張剤を用いたコンクリートでは、膨張過程におけるエトリンガイトや水酸化カルシウムの生成時に十分な水分が必要であるため、材齢初期における湿潤養生が特に重要である。

 

DSC_0171

北海道滝川駅前

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 3

 

―解説―
低熱ポルトランドセメントは、初期の水和反応を抑制し、長期にわたる水和反応により強度を得るものであるため、強度の発現は普通ポルトランドセメントよりも遅くなる。